分裂

LA FRACTURE

ラフとジュリーは、破局寸前のカップル。ある日、転倒して腕の骨を折ったラフは、救急に運ばれ、ジュリーも駆けつける。その日は、パリで「黄色いベスト運動」の大規模デモがあり、救急はデモで怪我をした人々で溢れていた。長い待ち時間の間に、ラフはデモで足を怪我したヤンと知り合い、自分の偏見や思い込みに気づく。病院の外では、デモ隊と警察の攻防がさらに激しさを増し、病院は臨時閉鎖されることに。病院内は更に混乱し、長い夜は続く…。

スタッフ&キャスト

監督:カトリーヌ・コルシニ

© CHAZ Productions

1956年ドルー生まれ。短編作品をいくつか制作したのち、1988年に『魅了されたミニマリストの破綻』で長編監督デビュー。その後、テレビ映画等を撮り続け、1999年に監督した『ヌーヴェル・イヴ』がベルリンのパノラマ部門で上映され、高い評価を得る。さらに2000年の『彼女たちの時間』では、初のカンヌ映画祭正式招待を果たす。その後も、2006年に「Les Ambitieux」、さらに2009年に『旅立ち』と、女性を主人公にした作品を数多く発表し、評価を高めてきた。2013年にカンヌのある視点部門に選出された『黒いスーツを着た男』は、海外で多数の賞を受賞。国内でも、セザールの2部門にノミネートされた。2016年、クリスティン・アルゴットの小説を映画化した「UN AMOUR IMPOSSIBLE」でも、セザールの4部門にノミネートされる他、多くの賞を受賞。ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、マリナ・フォイス、ピオ・マルマイ出演の最新作「LA FRACTURE」は2021年のカンヌ映画祭に正式招待された。

脚本:カトリーヌ・コルシニ、ローレット・ポルマンス、アグネス・フーヴル
撮影:ジャンヌ・ラポワリー

キャスト:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、マリナ・フォイス、ピオ・マルマイ


映画情報

邦題:分裂
原題:LA FRACTURE

制作年:2021
制作国:フランス
言語:フランス語
画角:シネマスコープ
時間:98分
ジャンル:ドラマ

<映画祭>
第74回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門(2021)