ウルフズ・コール

Le Chant du loup

6/22(土) 17:45~ イオンシネマみなとみらい
チケット購入はこちら

  • 『ウルフズ・コール』
“黄金の耳”と呼ばれる人並み外れた聴覚を活かし、フランス海軍原子力潜水艦の分析官として従事するシャンテレッド。
ある日、シリアでの潜航任務にて彼の判断ミスから危機を招いてしまうが、その際に彼の耳を惑わせたのはこれまでの記録になく、正体不明のまるで“狼の歌”のようなソナー音を放つ艦艇だった。
任務後、秘密裏に“狼の歌”の解析に挑むシャンテレッド。
だが、ベーリング海よりフランスへ向け核ミサイルが放たれる。相手は“狼の歌”とのことだが果たして…。

スタッフ&キャスト

監督・脚本:アントナン・ボードリー ★

1975年生まれ。アベル・ランザックのペンネームで作家としても知られる。フランスのグランゼコールの一つである高等師範学校で文学と哲学を学んだ後、2002年、当時外務大臣だったドミニク・ド・ヴィルパンの元で働く。2006年にはマドリッドのフランス大使館に勤務。2010年に初めてストーリーを担当したコミック「Quai d’Orsay」が出版される。外務省を舞台にしたこの作品は、ベルトラン・タヴェルニエ監督で映画化され、ボードリーが脚本を担当。本作『ウルフズ・コール』が初めての長編監督作品となる。

キャスト:フランソワ・シヴィル ★

1989年パリ生まれ。TVドラマを中心に活躍し、主な映画出演作に『FRANK -フランク-』(14)、『おかえり、ブルゴーニュへ』(17)など。本作に続き、ユーゴ・ジェランによる「Mon inconnue」(19)やジュリエット・ビノシュと共演した「Who You Think I Am」(19)などでも主演を務めている。今後の活躍が期待されるフランスの若手俳優の一人。

キャスト:オマール・シー、マチュー・カソヴィッツ、レダ・カテブ

★は来日ゲスト(予定)


映画情報

邦題:ウルフズ・コール
原題:Le Chant du loup

監督・脚本:アントナン・ボードリー
キャスト:フランソワ・シヴィル、オマール・シー、マチュー・カソヴィッツ、レダ・カテブ

製作年:2019
製作国:フランス
言語:フランス語
画角:シネマスコープ
時間:116分
配給:クロックワークス

上映情報
6/22(土) 17:45~ イオンシネマみなとみらい