愛しのベイビー

Mon bébé

6/22(土) 15:15~ イオンシネマみなとみらい
チケット購入はこちら

  • 『愛しのベイビー』
シングル・マザーで、3人の子持ちのエロイーズ。
末娘のジャードも18歳になり、カナダに留学することに。別れを前に娘をスマホで撮影し、センチメンタルな日々を送っていた。子離れできない母親の葛藤を描いた作品。

スタッフ&キャスト

監督・脚本:リサ・アズエロス ★

リサ・アズエロス

© Philippe Quaisse / UniFrance

1965年フランス生まれ。母は『太陽がいっぱい』などに出演した女優マリー・ラフォレ。TVシリーズの脚本家としてキャリアをスタートし、脚本も手掛けたヴァンサン・カッセル出演「AINSI SOIENT-ELLES」(95)で監督デビュー。その後、ソフィー・マルソー主演『LOL ~愛のファンタジー~』(08)の監督・脚本を務め、モンテカルロ・コメディ映画祭審査員賞を受賞。再びマルソーを主演に迎えた『ソフィー・マルソーの秘められた出会い』(14)〈未〉では、製作、監督、脚本、出演を果たす。2017年、アラン・ドロンとのデュエット曲で一世を風靡したフランスの歌姫ダリダを題材にした『ダリダ~あまい囁き~』の監督、製作、脚本を担当する。

キャスト:タイス・アレサンドラン ★

1998年フランス生まれ。祖母は女優のマリー・ラフォレ。映画監督のリサ・アズエロスとパトリック・アレサンドランを両親に持つ。2009年、母親が監督・脚本を務めたソフィー・マルソー主演の『LOL~愛のファンタジー~』(08)で映画デビュー。本作『愛しのベイビー』(19)で初めてメイン・キャストを務める。

キャスト:サンドリーヌ・キベルラン、ヴィクトール・ベルモント、ミカエル・ルミエール

★は来日ゲスト(予定)


映画情報

邦題:愛しのベイビー
原題:Mon bébé

監督・脚本:リサ・アズエロス 
キャスト:サンドリーヌ・キベルラン、タイス・アレサンドラン、ヴィクトール・ベルモント、ミカエル・ルミエール

製作国:フランス
言語:フランス語
時間:87分

上映情報
6/22(土) 15:15~ イオンシネマみなとみらい