ディリリとパリの時間旅行

Dilili à Paris

6/22(土) 10:00~ イオンシネマみなとみらい
チケット購入はこちら

ひとりぼっちのディリリがパリで出会った、たからもの。
鬼才ミッシェル・オスロ監督待望の新作は、ベル・エポックのパリの物語。
ニューカレドニアからやってきた主人公ディリリが、パリで出会った最初の友人オレルとともに、誘拐事件の謎を解いていく。
エッフェル塔、オペラ座、ヴァンドーム広場など美しいパリを舞台に、事件解決にキュリー夫人、ピカソ、ロートレック、サラ・ベルナールら、この時代を彩った天才たちが協力する。

スタッフ&キャスト

監督・脚本:ミッシェル・オスロ ★

ミッシェル・オスロ

© Philippe Quaisse / UniFrance

1943年コート・ダジュール生まれ。ギニアで幼少時代、アンジェで青年期を過ごす。最初はアンジェの美術学校で、のちに国立高等装飾美術学校で装飾芸術を学んだ。アニメーションは独学。プロとしての初の短編作品『3人の発明家たち』(1979)で BAFTA賞を受賞。以降、自ら全ての作品のシナリオとイメージデザインを手がける。影絵を用いた『プリンス&プリンセス』など短編アニメーションやTVアニメーションを多数制作し、セザール賞をはじめ多くの賞を受賞。また初の長編作品『キリクと魔女』では観客からも支持され興行的成功も収めた。1994年から2000年まで国際アニメーション映画協会の議長を務めた。2009年にはレジオン・ドヌール勲章をアニエス・ヴァルダ監督から授与され、2015年にザグレブ国際アニメーション映画祭で特別功労賞を受賞した。

キャスト:プリュネル・シャルル=アンブロン、エンゾ・ラツィト、ナタリー・デセイ

★は来日ゲスト(予定)


映画情報

邦題:ディリリとパリの時間旅行
原題:Dilili à Paris

監督・脚本:ミッシェル・オスロ
キャスト:プリュネル・シャルル=アンブロン、エンゾ・ラツィト、ナタリー・デセイ

製作年:2018
製作国:フランス・ベルギー・ドイツ
言語:フランス語
画角:ヴィスタ
時間:94分
配給:チャイルド・フィルム

8/24(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
公式サイト

2018年アヌシー国際アニメーション映画祭 オープニング作品
第44回セザール賞(仏アカデミー賞)最優秀アニメ作品賞受賞

上映情報
6/22(土) 10:00~ イオンシネマみなとみらい