男と女Ⅲ 人生最良の日々(仮)

Les Plus Belles Années d'une vie

6/21(金) 20:00~ 横浜みなとみらいホール
チケット購入はこちら

故フランシス・レイの音楽と「ダバダバダ…」のスキャットと共に、甦る『男と女』から53年。
ジャン=ルイは記憶を失いつつある。彼の息子は、父が追い求めている女性を探すことを決めた―。
2019年、カンヌ国際映画祭正式出品。

スタッフ&キャスト

監督・脚本:クロード・ルルーシュ ★

1937年パリ生まれ。幼い頃から映画に興味を持ち、報道カメラマンとしてキャリアをスタートさせる。1960年にプロダクション会社LES FILMS 13を設立し、 初の長編「LE PROPRE DE L'HOMME」を監督。1966年、『男と女』がカンヌ国際映画祭パルムドール、アカデミー賞外国語映画賞などを受賞し、一流監督の仲間入りを果たした。以後、フランシス・レイと組み、映像と音楽によるスタイリッシュな大人の恋愛映画を発表。主な監督作に『パリのめぐり逢い』(67)、『白い恋人たち』(68)、『流れ者』(70)、『恋人たちのメロディー』(71)、『続・男と女』(77)、『愛と哀しみのボレロ』(81)、『男と女II』(86 )、『レ・ミゼラブル』(95)などがある。

キャスト:アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン、スアド・アミドゥ、アントワーヌ・シレ

★は来日ゲスト(予定)


映画情報

邦題:男と女Ⅲ 人生最良の日々(仮)
原題:Les Plus Belles Années d'une vie

監督・脚本:クロード・ルルーシュ
キャスト:アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン、スアド・アミドゥ、アントワーヌ・シレ

製作年:2019
製作国:フランス
言語:フランス語
画角:スコープサイズ
時間:90分
配給:ツイン

第72回カンヌ国際映画祭 出品

上映情報
6/21(金) 20:00~ 横浜みなとみらいホール