最新情報 上映作品 スケジュール イベント ゲスト チケット アクセス 映画祭について



この愛のために撃て

À bout portant | サスペンス

ハートブレイカー

L'Arnacoeur | コメディ

アーサー3(仮)

Arthur 3, la guerre des deux mondes | アニメ

美しき棘

Belle épine | ドラマ

Chantrapas(原題)

Chantrapas | ドラマ

匿名レンアイ相談所

Les Emotifs anonymes | コメディ

6階のマリアたち

Les Femmes du 6e étage | コメディ

マムート

Mammuth | コメディ

セヴァンの地球のなおし方

Severn, la voix de nos enfants | ドキュメンタリー

消えたシモン・ヴェルネール

Simon Werner a disparu | ドラマ

トムボーイ

Tomboy | ドラマ

パリ猫の生き方

Une vie de chat | アニメ




ロープ

La Femme à cordes | 短編

世界中がジュ・テーム

Tout le monde dit je t'aime | 短編

直立不動の男

Un homme debout | 短編

ピアノ調律師

L'Accordeur | 短編

娼婦になっていたかも

J'aurais pu être une pute | 短編

エリーズ

La Noyée | 短編



ハートブレイカー

L'Arnacoeur
コメディ



ヴァネッサ・パラディ&ロマン・デュリス 2大スター初共演!
別れさせ屋の男とキャリアウーマンのスリリングなロマ・コメが日本初登場!!



監督:パスカル・ショメイユ
出演:ヴァネッサ・パラディ、ロマン・デュリス
2010年/フランス/35mm/カラー/シネマスコープ/105分/ドルビーデジタル
配給:熱帯美術館
2011年秋、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
2011年セザール賞作品賞他5部門ノミネート
©2010 YUME-QUAD FILMS / SCRIPT ASSOCIES / UNIVERSAL PICTURES / INTERNATIONAL / CHAOCORP
凄腕の別れさせ屋アレックス(ロマン・デュリス)。彼のポリシーはターゲットと決して恋におちないことだ。モロッコの仕事から戻った彼の今度の相手は、ワインの愛好家で10日後にモナコでイギリス人青年実業家と結婚するジュリエット(ヴァネッサ・パラディ)だ。ジュリエットの父ベック氏は妻の死後、10年間断絶状態だった娘を自分の手に取り戻したいと願っていたのだった。しかし、ジュリエットと好青年の婚約者ジュリアン(アンドリュー・リンカーン)との仲は完璧で、付け入る余地すら見つけられなかった。しかも、ジュリエットは勝気で、父親嫌いのワイン愛好家。今まで相手にしていた女性たちとは一味違う難攻不落のレディ。父親の紹介によるボディガードとして何とか接近することに成功したアレックスは、彼女の好きな歌手のジョージ・マイケルや映画『ダーティ・ダンシング』をネタに次第に彼女の心の中に入り込んでゆく。しかし、ジュリアンがモナコに現れ、二人の結婚式が繰り上げられそうになったとき、アレックスの胸にミッションの失敗の危機とは別に、人知れぬ痛みが走るのだった。一方、ジュリエットも次第にアレックスに安らぎと信頼を覚えて・・・・・結婚前夜、二人はモナコの街に車を走らせ、最後の夜を満喫しようとするが?



監督:パスカル・ショメイユ
リュック・ベッソン監督『レオン』(94)などの第一助監督を務めた後、同監督の『フィフス・エレメント』(97)と『ジャンヌ・ダルク』(99)で第二班監督を担当。95年にはベッソンの製作で、短編“Des hommes avec des bas”(95)を監督した後、数多くのテレビドラマの演出や、ジャン=ピエール・ロリ主演のテレビ映画“Mer belle à agitée”(06)の監督を手掛ける。本作で念願の長編監督デビューを果たし、セザール賞作品賞&第1回作品賞にダブルノミネートされるなど、大成功を収めた。

出演者:ヴァネッサ・パラディ(ジュリエット)
1972年12月22日、パリ近郊ヴァル=ド=マルヌのサン=モール=レ=フォッセ生まれ。89年に『白い婚礼』のヒロイン役で映画初出演、セザール賞若手有望女優賞、ロミー・シュナイダー賞に輝き、注目を浴びる。98年の『橋の上の娘』ではナイフ投げの曲芸師との運命的な恋に揺れるヒロイン像を演じセザール賞主演女優賞候補になる。私生活ではジョニー・デップのパートナーと知られ、また、シャネルの口紅ライン「Rouge Coco」とハンドバッグライン「Coco Cocoon」のイメージモデルを務めている。

出演者:ロマン・デュリス(アレックス)
1974年5月28日、パリ生まれ。リセの芸術校でアクリル画を学んでいた93年にスカウトされ、『青春シンドローム』(94)で俳優デビュー。『ガッジョ・ディーロ』(97)と『パリの確率』(99)でセザール賞有望若手男優賞候補になり、05年の『真夜中のピアニスト』ではリュミエール賞主演男優賞を受賞したほか、セザール賞主演男優賞候補になる。最近では、本作に続く“L'homme qui voulait vivre sa vie”(10)ではカトリーヌ・ドヌーヴと共演するなど、今や名実ともにフランスを代表する人気スターとなった。

出演者:アンドリュー・リンカーン(ジュリアン)
1973年9月14日、イギリス、ロンドン生まれ。王立演劇学校で学び、95年の『ボストン・キックアウト』(東京国際映画祭ヤングシネマ部門にて上映)で映画デビュー。03年の『ラブ・アクチュアリー』では花嫁キーラ・ナイトレイを秘かに愛する画家のマークを好演し、高く評価された。最近では、テレビ映画『嵐が丘』(09/テレビ放映)でエドガーを演じたほか、『反撃のレスキュー・ミッション』(10/テレビ映画・DVD公開)、10年開始のテレビドラマ「ウォーキング・デッド」などに出演している。










プレスお問い合わせプライバシーポリシー © uniFrance films