最新情報 上映作品 スケジュール イベント ゲスト チケット アクセス 映画祭について



この愛のために撃て

À bout portant | サスペンス

ハートブレイカー

L'Arnacoeur | コメディ

アーサー3(仮)

Arthur 3, la guerre des deux mondes | アニメ

美しき棘

Belle épine | ドラマ

Chantrapas(原題)

Chantrapas | ドラマ

匿名レンアイ相談所

Les Emotifs anonymes | コメディ

6階のマリアたち

Les Femmes du 6e étage | コメディ

マムート

Mammuth | コメディ

セヴァンの地球のなおし方

Severn, la voix de nos enfants | ドキュメンタリー

消えたシモン・ヴェルネール

Simon Werner a disparu | ドラマ

トムボーイ

Tomboy | ドラマ

パリ猫の生き方

Une vie de chat | アニメ




ロープ

La Femme à cordes | 短編

世界中がジュ・テーム

Tout le monde dit je t'aime | 短編

直立不動の男

Un homme debout | 短編

ピアノ調律師

L'Accordeur | 短編

娼婦になっていたかも

J'aurais pu être une pute | 短編

エリーズ

La Noyée | 短編



美しき棘
※トークショー有り
Belle épine
ドラマ



家族の死で孤立した17歳の少女。その哀しみは、パリ郊外、夜の闇を疾走する。
主演のレア・セドゥを始め、フランス映画の新たな才能が集結した一本。



監督:レベッカ・ズロトヴスキ
出演:レア・セドゥ、アナイス・ドゥムスティエ
2010年/フランス/80分/35mm/カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル
©Shelby Duncan
2010年ルイ・デリュック新人賞を受賞した女性監督レベッカ・ズロトヴスキの監督デビュー作。主人公は母を亡くしたばかりの17歳の少女プリューデンス。父は海外勤務で不在、姉は家にほとんどいつかないため、プリューデンスはガランとした家の中で一人で暮らしている。突然母を失った喪失感を埋め合わそうとするかのように、プリューデンスは偶然出会った同年代の不良少女マリレーヌに導かれ、パリ郊外の小都市ランジスで危険な違法バイク・レースに興じる若者たちのグループと知り合う。バイカーの若者の一人と付き合うようになったプリューデンスはようやく自分の居場所を見出したかに思えたが……。
アモス・ギタイ監督作品『幻の薔薇』でも圧倒的な存在感を示し、ハリウッドへの進出も噂される注目の新進女優レア・セドゥが周囲と折り合うことができずに漂い続けるヒロインを演じ、強烈な印象を残す。プリューデンスの一見反社会的な行動の背景にある喪失感が意外な形で表現されるラスト・シーンは、観る者に様々な想像を喚起するだろう。アメリカン・ニューシネマ風のバイク・レース、寂れた街角の風景など、映画全体に漂う独特な雰囲気も魅力の一つである。カンヌ映画祭批評家週間上映作品。



監督:レベッカ・ズロトヴスキ
1980年生まれ。フランス国立高等師範学校を卒業した後、映画学校ラ・フェミスで脚本を学ぶ。2006年、脚本を担当した短編映画"DANS LE RANG"(監督:シプリアン・ヴィアル)はカンヌ映画祭監督週間で上映され、SACD賞を受賞。2010年、本作『美しき棘』で監督デビュー。脚本家としても活動を続けており、2011年にはテディ・リュッシ=モデストの監督デビュー作"JIMMY RIVIERE"の共同脚本を担当した。

出演:レア・セドゥ Lea Seydoux
シルヴィー・エーム監督の Mes copines で映画デビュー。2008年にクリストフ・オノレ監督の『美しいひと』にジュリー役で出演し、批評家から絶賛される。2009年にはクエンティン・タランティーノの『イングロリアス・バスターズ』に出演。 以後、ハリウッドに進出し、リドリー・スコット監督『ロビンフッド』でラッセル・クロウと共演。2011年にはウッディ・アレン最新作に出演した。

出演:アナイス・ドゥムスティエ Anais Demoustier
2003年にミヒャエル・ハネケ監督の『タイム・オブ・ザ・ウルフ』でスクリーン・デビュー。2008年には『美しいひと』でレア・セイドゥー、ルイ・ガレルやグレゴワール・ルプランス=ランゲなど同年代の新しい俳優たちと共演。2009年の Les Grandes personnes でセザール賞有望女優賞にノミネート。2011年にはロミー・シュナイダー賞を獲得している。










プレスお問い合わせプライバシーポリシー © uniFrance films